日本バドミントン学会(仮称)会則(素案)


第1章 総  則
第1条 名称
この会は、日本バドミントン学会(The Japanese Society for Badminton Research)と称する。

第2条 目的
バドミントンに関する学術的および実践的研究に寄与するとともに、会員相互の交流を促進することによってバドミントン界の発展に資することを目的とする。

第2章 事  業
第3条 本会の目的を達成するため、次の事業を行なう。
1 学会大会の開催
2 学術誌の発行
3 研究会、講演会、ワークショップなどの開催
4 その他本会の目的に資する事業

第3章 会  員
第4条 会員の種別は次の通りとする。
1 正会員:本会の趣旨に賛同し、その事業に協力する個人
2 学生会員:本会の趣旨に賛同し、学籍を有する個人
3 賛助会員:本会の趣旨に賛同し、本会の事業を援助する団体および個人

第5条 入会
本会に入会を希望する者は、会費を添えて事務局に申し込むものとする。

弟6条 会費
会員は次の会費を納入しなければならない。
1 正会員:年額5,000円
2 学生会員:年額2,000円
3 賛助会員:年額1口10,000円

第7条 会員の権利
会員は、本会の行う事業に参加することができるほか、本会の学術誌を閲覧することができる。

弟8条 資格の喪失
会員は、次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
1 退会したとき
2 死亡したとき
3 除名されたとき
4 会費を3年以上滞納したとき

第9条 退会
1 退会しようとするときは、退会届を本会事務局に提出する。
2 3年間会費を納入しない場合、退会したものとみなすことができる。

弟10条 除名
会員が次の各号の一に該当するときは、総会に出席した正会員の過半数の議決を経て、会長がこれを除名することができる。この場合には、該当会員に対して総会の議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
1 本会の名誉を毀損し、又は本会の設立趣意、目的に違反する行為があったとき
2 本会の会員としての義務を遂行しないとき
3 この定款に違反したとき

第4章 役  員
第11条 役員の種別
1 会長 1 名
2 副会長 1 名
3 理事 9名
4 監事 2名 

第12条 役員の選出
1 会長、副会長は、理事の互選により選任し、総会にて決定する。
2 理事および監事は、正会員の中から選任する。

第13条 役員の任期
1 役員の任期は、3年間とし、再任を妨げない。
2 任期途中であっても、事故等により活動が不可能となった場合、あるいは本会の役員としてふさわしくない行為等があった場合は、理事会の議を経て、これを解任することができる。
3 役員の任期における1年は会計年度に準ずる。

第14条 役員の責務
1 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長の職務に支障が生じた時は、これを代行する。
3 理事は、理事会を構成し、この定款に定めるもののほか、本会の総会の権限に属さない事項を議決し、業務を執行する。
4 監事は、本会の業務および会計を監査する。

第5章 会   議
第15条 会議の種別
1 総会
2 理事会

第16条 総会
1 総会は、年1回会長がこれを招集し、すべての会員が参加する。
2 事業報告、会計報告、 事業計画、予算の承認および役員を決定する。
3 総会の議事は、出席会員の過半数をもって決する。
4 総会は、正会員過半数の出席により開くことができる。但し、委任状を提出した者は、出席者とみなす。

第18条 理事会
1 理事会は、会長がこれを招集し、理事および監事が参加する。
2 理事会は、本会運営に関わる会務を処理する。
3 理事会の議事は、出席理事の過半数をもって決する。
4 理事会は、現職理事過半数の出席により開くことができる。但し、委任状を提出した者は、出席者とみなす。

第19条 議事録
総会および理事会の議事録を作成し、議長および出席者の代表2名以上が署名、押印の上、これを保存する。

第6章 会  計
第20条 経費
本会の経費は、会費、事業収入および寄付金その他によって支出する。

第21条 会計年度
本会の会計年度は、毎年1月1日より12月31日までとする。

第7章 事  務
第22条  理事会の議を経て、事務局を設ける。

第8章 付  則
この会則は平成◯年◯月◯日より施行する。